動画編集、パソコン、スマホ、周辺機器諸々について書いていきます

動画編集におすすめなPCは?一番悩む部分徹底解説します!!【Aviutl編】【Filmora編】

挨拶・今回の話題

こんにちわ、あっぷるです。

今回は「編集を始めるぞ!」と思っている人が一番迷うであろう

編集用に使うパソコンは何を買ったらいいのかについて解説

していきたいと思います。

今回の記事は前回の記事の続きとなります。

そのため前回の記事を見みてから見ることをおすすめします。

apple-editor.hatenablog.com



f:id:apple_editor:20201012171421p:plain

Aviutl用構成

 

f:id:apple_editor:20201018193141p:plain


CPU:intel core i5 9400F

 メモリ:DDR-4 2666hz 8GB

GPU:GeForce GTX1650 4GB

ストレージ:SSD 256GB & HDD 1TB

Aviutlは32bitソフトのためメモリを4GBまでしか使うことができません。

そのため、メモリは8GBあればブラウザを開きながらできるので

メモリは8GBで十分だと思います。

Aviutlは基本的に描写にGPUを使わないためGPUはそこまで

グレードの高いものでなくても問題ありません。

 

 

f:id:apple_editor:20201019214440p:plain

CPU:intel Core i5 9400F

メモリ:DDR4-2666hz 16GB

GPU:GeForce GTX1650 4GB

ストレージ:SSD 512GB & HDD 2TB 

Filmoreは基本的に最初からあるテンプレートを使用して動画を作成するのが

メインのソフトです。そのため、YouTubeなどの編集はできますが

CG、モーショングラフィックスなどには向きません。

そのためあまり重い編集をすることがないためそこまで

スペックはいらないかと思います。

僕的にはFilmoreはあまりオススメしません。高度な編集をしたい方は

AviutlかAftereffects,に加えてここでは紹介していませんが、Davinci Resolveという

編集ソフトの3つをおすすめします。

Aviutl,Filmoreは比較的スペックが低くても動くソフトです。

Aviutlは無料なので入門としてやるにも丁度いいかと思います。

 

 

関連記事

 

apple-editor.hatenablog.com

apple-editor.hatenablog.com



 

ついに正式発表!?iPhone12のモデル一覧、価格まとめ 2020/10/14 apple eventsまとめ

挨拶・今回の話題

こんにちわ、あっぷるです。

今回は前回の記事とは関係なく、僕が気になったこととして

日本時間2020年10月14日午前2時より行われたapple Eventsの

内容についてまとめていきたいと思います!

新製品

Home Pod mini 

f:id:apple_editor:20201014023922p:plain

Home Pod mini

appleの開発したスマートスピーカーの新型、今までのスマートスピーカーと同じく

音楽を再生したりできるほかに、最高のアシスタントSiriを呼び出すことができたり、

家で使うことからプライバシーとセキュリティにこだわった物だそうです。

また音質にもこだわっており、ふたつ用意することでスピーカーにしたりと

いろいろなことができるようです。

また搭載されているsiriは家族の声を識別し、音声認識の精度も

進化しているそうです。

ほかのスマートスピーカーと違う点はやはり製品同士の連携の強さかと思います。

homepodにしゃべりかけたら家族のiPhoneapple watchair podsなどにも

送信されるようです。

価格は99$(日本円で10,000円程度)

ホワイトとスペースグレイの二色から選べるようです。

iPhone12 

5Gに対応したiPhone12を正式発表!!!!

エッジが11シリーズから変わりフラットになり、5Gを考慮した

デザインとなっているようです。

ラインナップはiPhone12,iPhone12mini ,iPhone12 pro,iPhone12 pro Maxの

四種のようです。

f:id:apple_editor:20201014022224p:plain

iPhone12のカラーバリエーション



カラーはブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの五色のようです。

またOLED液晶を採用しており、これまで以上に高解像度になったようです。

前シリーズからの進化点液晶にはceramic shieldと呼ばれる11シリーズの液晶に比べ、

強度が4倍も高くなった液晶が使われています。

iosの最適化により5GとLTEを切り替えることで充電の消費を抑えるという

工夫もされています。5Gの速度は最大3.5Gbpsにもなるそうです。

今回iPhone12には新チップA14 Bionicが採用され、スマートフォン用チップ

世界初めての5nmプロセスで作成されており、6コアのチップで

A13チップより性能が最大50%向上しています。

またカメラも新しい広角カメラを採用し、すべての写真やビデオでノイズを

軽減した写真やビデオが撮影できるようになりました。

またiPhoneのカメラの弱点であった暗所での写真やビデオも改善されたそうです。

今回のiPhoneから付属品のlightningケーブルがUSB-A to lightning から

USB-C to lightningに変更され、高速充電が可能な充電器が付属

されることになったそうです。

f:id:apple_editor:20201014024750p:plain

iPhone12の新機能

 

f:id:apple_editor:20201014024551p:plain

iPhone12,iPhone12miniの価格

 

 

iPhone12 Pro, iPhone12 Pro MaxにはLiDARスキャナーを搭載し、

3D空間の読み取りを可能にし、ARなどの機能がより正確になったそうです。

f:id:apple_editor:20201014030412p:plain

iPhone12 Pro ,iPhone12 Pro Maxの新機能

 

f:id:apple_editor:20201014030628p:plain

iPhone12 Proの価格

f:id:apple_editor:20201014030840p:plain

iPhone12 Pro Maxの価格

今回発売されるそれぞれのiPhoneの価格、発売日は

iPhone12 699ドル~(74000円程度)10月23 日より出荷

iPhone12 mini 799ドル~(85000円程度)11月13日より出荷

iPhone12 Pro 999ドル~(105000円程度)10月23 日より出荷

iPhone12 Pro Max 1099ドル~(115000円程度)11月13日より出荷

のようです。(どれもアメリカ時間)

 

今回のApple EventはApple home podとiPhone12シリーズのふたつのみの

発表だったようです。こういうの見てるとやっぱり気になってくるので、

日本の店頭などで並び始めたら、ぜひとも触ってみたいですね。

 

Appleから進化したスマートスピーカーを発表!!2020/10/14 apple eventsまとめ

挨拶・今回の話題

こんにちわ、あっぷるです。

今回は前回の記事とは関係なく、僕が気になったこととして

日本時間2020年10月14日午前2時より行われたapple Eventsの

内容についてまとめていきたいと思います!

 

 

Home Pod mini 

f:id:apple_editor:20201014023922p:plain

appleの開発したスマートスピーカーの新型、今までのスマートスピーカーと同じく

音楽を再生したりできるほかに、最高のアシスタントSiriを呼び出すことができたり、

家で使うことからプライバシーとセキュリティにこだわった物だそうです。

また音質にもこだわっており、ふたつ用意することでスピーカーにしたりと

いろいろなことができるようです。

また搭載されているsiriは家族の声を識別し、音声認識の精度も

進化しているそうです。

ほかのスマートスピーカーと違う点はやはり製品同士の連携の強さかと思います。

homepodにしゃべりかけたら家族のiPhoneapple watchair podsなどにも

送信されるようです。

価格は99$(日本円で10,000円程度)のようです。

 

動画編集におすすめなパソコンは?一番悩む部分徹底解説します!!【After effects編】

 

挨拶・今回の話題

こんにちわ、あっぷるです。

今回は「編集を始めるぞ!」と思っている人が一番迷うであろう

編集用に使うパソコンは何を買ったらいいのかについて解説

していきたいと思います。

では順番に選ぶポイントを解説していきたいと思います。

f:id:apple_editor:20201012171421p:plain

どの編集ソフトを使うのか

これは大きなポイントの1つです。After effects(AE),Aviutl,filmore

など沢山編集ソフトはあります。

その編集ソフトごとに必要なスペックは変わってくるので

まずはどの編集ソフトを使うのかを先に決めてしまいましょう!

多分編集を仕事にしたいと思っている方には

「無料ソフトのAviutlである程度慣れてからAEに移行する」

というのが多いと思います。

僕も同じパターンでadobeのソフトに移行しました。

Aviutl一筋でやる場合はそこまでパソコンのスペックは要りませんが、

後々AEなどを使うことになってくる場合はある程度AEが

動くパソコンを選びましょう。

今回と次の記事で

  • AE用構成を3台
  • Aviutl用構成を1台
  • fimora用構成を1台

の合計5台の構成を紹介していきたいと思います。

今回はAE用構成を2台紹介します。

Aviutl用構成とfimora用構成を知りたい方は次の記事をご覧ください。

またAE用構成の1台はまた別の記事で紹介したいと思います。

AE用構成1台目

f:id:apple_editor:20201012215343p:plain

CPU:intel Core i5 9400F

メモリ:DDR-4 2666Mhz 16GB

GPUGeForce GTX1660 6GB

ストレージ:SSD 256GB & HDD 1TB

主な用途

ミドルスペックぐらいに入るぐらいのスペックですね。 

CPUはintel Core i5 9400FでAEの基本的な編集もできると思います。

GPUにはGTX1660を搭載しているため

ある程度エフェクトをかけても

余裕をもってプレビューすることができると思います。

10万円程度ではこのスペックが一番いいかと思います。

 

 
 

AE用構成2台目

f:id:apple_editor:20201012232017p:plain

 

CPU:intel core i9 9900k

メモリ: DDR-4 2666Mhz 32GB

GPU: GeForce RTX2080Ti 11GB

ストレージ:SSD 512GB(M.2 NVMe) & HDD 2TB

主な用途

一般用途向けだとほぼ最上位グレードのパソコンと

言えると思います。CPUには一般向けCPU最上位の

Core i9を搭載し、GPUにもRTX2080Tiという2000番台上位の

GPUを搭載しているため、エフェクトをたくさんかけても

問題なくプレビューできるかと思います。

しかしphotoshopやpremire proを同時に使いたいという方には

メモリがすこし足りないかもしれません。

しかしメモリは128GBまで増設することができるため必要になった

場合に増設するのがいいと思います。

 

 
今回はadobeソフト用パソコンの構成を紹介しました。
一番大切なパソコン選びで損をしないように
ぜひ参考にしていただけると幸いです!
 
関連記事
 
 
 
 
 
次の記事(予定)
Aviutl用構成とfilmora用構成の紹介
 
 
 
 
 

おすすめの回線会社はどこ!?いろんな会社徹底比較!!

挨拶・今回の話題

こんにちわ、あっぷるです

当分は動画編集をするための環境を整えることについて書いていきたいと思います。

というわけで今回の記事はネット回線について解説していきます!

f:id:apple_editor:20201005010915j:plain

 

なぜ動画編集をするときに回線が必要?

動画編集は基本的に依頼がきて仕事を始めることができます。

「この動画編集してください!」って元の動画が来ます。

まずは編集するためにこの動画をダウンロードしなければいけないですよね?

また動画が完成した時に動画を送らないといけないですよね?

そんなときに回線が重要になります。

 

 

 

f:id:apple_editor:20201005231954g:plain

各回線比較のメリットデメリット

 

光回線コラボ

 au光やsoftbank光、ドコモ光、フレッツ光などですね

 おそらく利用者が一番多いかと思います。

 光回線コラボは実はどれも元は同じ回線なのです。

   光回線コラボは各プロバイダーがNTTの回線を借りて○○光回線として売られています。

   メリット

  • スマホなどと一緒に契約することでスマホの契約料金が安くなる
  • スマホと一緒に契約するため手続きが楽

   主なメリットはこの2つかと思います。

 少し前まで筆者もsoftbank光を使っていましたが正直値段が安くなるといっても

 あまりという感じですね。それよりも個人的には契約の手続きが楽なほうが

 個人的には嬉しかったです。

 デメリット

  •  利用者が多いため回線が混み合いスピードが遅いときがある

 デメリットはこの一つだと思います。

 ただしこのデメリットは結構大きいですね。

f:id:apple_editor:20201005232338j:plain

 NURO光はあのソニーのインターネットプロバイダ事業「So-net」の

 ネットワーク基盤「NUROネットワーク」を使ったサービスです。

 そうです。あのプレイステーションソニーです。

  NURO光の回線はまだ利用者も少なく回線が混み合うことがないため

 スピードが圧倒的に早いです。

 メリット

  • 速度が圧倒的に早い
  • 速度の割にそこまで値段が高くない

 主なメリットはこの二つだと思います。

 デメリット

  • 使えるようになるまでに時間がかかる
  • 地域によっては契約できない地域がある

 契約してから行う工事が、屋外工事と、宅内工事の二回あり

 使えるようになるまで時間がかかります。

 いろいろなところを見ていると大体1か月から2か月ほどで開通するそうです。

 またNURO光は現在サービスを拡大していますがまだ日本全国で使えるわけでは

 ないです。

f:id:apple_editor:20201005002854p:plain

                                                                                           出典 NURO光

2020年10月時点での提供エリアは以上の19の都道府県です。

また提供エリアに載っている地域でも一部エリアは提供できていないそうです。

詳しくはNURO光のホームページを見て確認してみてください。

 

NURO光ホームページ :

www.nuro.jp

筆者のおすすめプロバイダー

 筆者のおすすめプロバイダーはNURO光OEM光マッハ」です

 NURO光OEMなためスピードは申し分なしに出ますし、

NURO光の提供エリアでない場合は光回線コラボの案内もしてくれるため

対応してるかわからないような人でもしっかり契約することができます。

また現在45000円キャッシュバックキャンペーンも開催されているため

非常におすすめのプロバイダーです。

 

まとめ

回線をアップグレードすることで無駄な時間を省くことができます。

膨大な量のデータを共有したりする場合ではある程度速度の出る回線が

必須になってきます。なのでぜひ今回おすすめした光マッハに変えて速度を

実感してください!!

 

前回の記事

apple-editor.hatenablog.com

 

 

次の記事

今度こそ編集用パソコンについて詳しく書きます

 

 

  

 

 

 

動画編集を始めたい人は最初に何するべき?

動画編集を始めたい人は最初に何するべき?

f:id:apple_editor:20201001012313j:plain



初めまして、動画編集者のあっぷるです。

今回から動画編集で稼いでいくための方法やafter effects、aviutlのテクニックなど

紹介していこうと思います!

今回の話題

今回は動画編集で稼いでいくための一番最初の最初にしなければいけないことを

紹介していきたいと思います。

f:id:apple_editor:20201001013003p:plain

 

必要な機材を揃える

まず1番最初にすること!

それはパソコンを買うことです。

ここでひとつの考えがよぎった人がいるかもしれません。

「最近スマホでなんでも出来るしスマホで良くね?」

と、

それはNo.No.No

本気で動画編集を仕事にしていく場合は絶対にPCは必要です。

いくらスマホアプリが進化したとしても流石にPCの

編集ソフトには勝てません。

「どんなPCを買った方がいいの?」

という質問は次の記事にて解説したいと思います。

 

ひたすら作品を見まくれ!!

同じ編集ソフトを使っている動画や作りたいと思っている動画と

同じジャンルの動画を見まくりましょう。マジでこれは大事です。

同じ編集ソフトでどれくらいの事まで出来るかなどを

知っておくことはとても重要です。また自分が動画を作っている際に

行き詰まった時などに、動画を見るとアイデアが思いつくことも

あるので、そういう動画を意識して見ていくといいと思います。

 

チュートリアルをやりまくれ!

YouTubeなどで「編集ソフト名 チュートリアル」などと調べると

大抵のソフトならチュートリアルが出てくると思います。

最初からオリジナルのものを作るのではなくチュートリアルを見て、

やり方を知り、それをマスターすることで応用することなど

ができ、自分の作品での表現の方法が広がります。また基本的な

操作方法も身に付くため、これも絶対やっておいた方が

いい事のひとつです。またAftereffectsやDavinci resolveなどは

海外のチュートリアルも参考になるので英語で何を言っているか

分からなくても見る価値はあると思います。

海外のプラットフォームは日本のプラットフォームよりも

成熟されている為、日本ではあまり知られていないことを

いち早く知ることが出来るため海外のチュートリアル

絶対にやっておいた方がいいです!

 

まとめ

今回の記事のまとめです

PCを買え!

作品を見まくれ!

チュートリアルをやりまくれ!

 

1番上のPCを買えに関しては当たり前だと思いますが、「お金がないからスマホで編集をする。」という人もいるようなので多少無理をしてでもPCは買った方がいいです!

 

次の記事(予定)

編集用PCはどんなものを買ったらいい?